フリーランスの営業面をサポートする会社

 
 

注目を集めているフリーランスという働き方

 
 
以前は会社に就職して正社員となって働くのが一般的でしたが、今では正社員にこだわらない人も増えてきました。そうした状況の中で、会社に属さずに仕事ごとに契約して働くフリーランスが注目されています。
 
 
フリーランスは特定の会社に属さず、仕事に応じて取引相手を変えて働くのが特徴です。言葉が似ているためかフリーターと同じと思われることも多いですが、フリーターはアルバイトとして会社などと契約して働くので、フリーランスとは違います。
 
 
特定の会社に所属していないフリーランスは、仕事は自分で営業して見つけないといけませんが、能力さえ高ければきちんと評価されて、継続的に仕事を受注したり会社員以上の収入を得ることも可能です。
 
そのため、専門的な技術を持った人がフリーランスとして活動することが多いのですが、需要も多いITエンジニアが一人で活躍するケースなどが増えています。
 
 
IT業界は慢性的な人材不足の状態で納期が短いうえに案件も多く、仕事ができるエンジニアが求められる状況ですから、会社に属さなくても比較的容易に仕事を受注できる環境にあります。
 
会社員としてITエンジニアで働いていた人が、会社の待遇や仕事のやり方に不満を感じて、独立して仕事を受けるようになることも少なくありません。能力が高い人が会社を円満退職すれば、元の職場から仕事を受注することもできますし、仕事を通して知り合った人から案件を紹介されることもあります。
 
独立すると会社からのサポートは望めませんが、能力が高く評価されれば収入もアップしますし、会社員以上に大切にされる可能性もあります。
 
 

長期的に働くには営業のことも考えておく

 
 
会社員時代の知り合いや従来の仕事の延長で仕事を受注できても、会社の経営状況や取引先の都合などで突然仕事がなくなる可能性もあるのが、フリーランスの悩みの種です。
 
特にITスキルが高く仕事の忙しい人ほど、新たに営業先を開発する余裕がないので、今までの仕事先から受注できない事態になると、大きな問題となります。
 
そのため、現在仕事がある状態でも将来を見据えて、新たな受注方法を検討しておかなくてはなりません。こうした営業面のことも考慮しておくことが、長期間収入を途絶えさせない秘訣です。
 
 
今では知らない会社を一つ一つ回るような営業方法をとらなくても、フリーランスのエージェントとして仕事先を見つけてくれる会社がありますので、本格的な営業をしたことがないエンジニアでも比較的容易に新しい仕事を見つけられるようになっています。
 
エンジニアとしてエージェント会社にエントリーしたり案件の紹介を受けるなどのサポートを無料で受けられたりする会社もありますので、現在仕事に関して問題がなくてもエージェント会社の利用を検討してみましょう。
 
 
初めて仕事を受けるためのカウンセリングも気軽に受けられるようになっていますし、エンジニアとして登録してもすぐに案件を紹介して働く必要はありません。全てエンジニアの都合に合わせて働く案件が設定されますので、より安定した働き方ができるようになります。
 
営業面はエージェント会社に任せれば、エンジニアとしての活動に専念できる環境を構築することができます。
 
 

サポート会社が行っているサービスを利用する

 
 
フリーランスとして働く場合は、営業と共に税金面のことも自分で対応しなくてはなりません。必要な経費は認められますから、しっかりと確定申告する必要があります。
確定申告は一人で処理できる内容となっていますが、今まで経理関係の処理をしたことがなかったり細かいお金の管理が苦手な人など、できれば確定申告の処理はしたくない人も少なくありません。
 
 
そのような人は、エンジニアのエージェント事業を行う会社の確定申告のサポートを利用すると良いでしょう。税金の処理を専門とするスタッフに、経費として計上可能なものなどを解説してもらい、領収書や請求書な必要な書類を郵送するだけで、確定申告の手続きを代行してくれます。
 
この代行サービスを利用すれば必要な書類をまとめるだけで、後の処理は不要です。確定申告代行手続きを利用するための料金が発生しますが、費用や収入をまとめて計算して確定申告用紙に記入するなどの手間が省けます。
税金のことを考えたり確定申告のために時間を割く必要もなくなりますので、その分エンジニアとしての仕事に専念すれば、代行サービスの料金はすぐに取り返せます。
 
 
フリーランスとして活動し続けるためには、外部の専門家を有効に活用しなくてはなりません。外部の専門家を活用するために料金が発生する場合もありますが、何でも自分一人で処理しているとビジネスが広がっていきませんし、次第に疲れてしまいます。
 
仕事を頑張ることも大事ですが楽できるような仕組みを作っておかないと、長続きしないので気を付けないといけません。エージェント会社を利用する時は、どのようなサービスが用意されているのか確認する必要があります。