フリーランスの営業活動をサポートするエージェントを活用する

 
 

注目を集めるフリーランスのITエンジニア

 
 
従来は会社に正社員として入社して、定年まで勤めるという働き方が一般的でしたが、今では働き方も多様化しており、正社員にこだわらない人が増えました。会社で働く場合でも契約社員や派遣社員、パートなどを選ぶ人もたくさんいますし、フリーランスとして働く人も少なくありません。
 
フリーランスは会社に属さずに、仕事ごとに契約をして働く人を意味する言葉です。会社からのサポートがないものの、実力次第では同世代のサラリーマン以上の収入を得ることもできます。
 
今では色々な分野でフリーランスが活躍していますが、特に注目を集めているのがIT関係の開発を行うフリーランスです。
 
 
IT関係は最新の技術を身に付けたエンジニアの需要が高い業界ですが、そうした人材はなかなかいません。本来であれば社内のスタッフを育てて実力を持ったエンジニアにするべきですが、システム開発の案件は納期が差し迫っているものが多く、時間をかけて人材を育てる余裕がないのが現実です。
 
そのため、人材不足のシステム開発現場に、実力のあるフリーランスのエンジニアの参加が求められることになります。実力があって成果を残すことができれば特定の開発案件に長期間携わることもできますし、すぐに他の案件への参加依頼が来るので、仕事が途絶えることはありません。
 
 
しかも、担当するのが他のエンジニアでは開発できないような専門的な案件であることも多いので、働きながら開発者としての能力を向上させられるというメリットもあります。
 
このようなメリットがあるため、正社員として一定の成果を出しながらも不満を感じている人の中には、フリーランスに転向する人もいます。
 
 

フリーランスが案件を探すときの注意点とは

 
 
フリーランス向けの案件は、コンピュータ言語などを使って開発する案件などが多数あり、単価や職務内容、契約期間や必須スキルなど内容はそれぞれ異なります。自分の開発スキルや希望する条件に合ったものに応募をして、受け入れ先の会社などと面談を行い、双方が合意すれば仕事を開始することになります。
 
 
一つひとつの案件はシステムの納期や開発の難易度が違いますので、事前に現在の開発状況を詳しく聞いて、どのような状態の仕事に参加することになるのかを把握しておくことが重要です。相手から聞くだけでは正確な状況を判断することが難しくなりますが、参考になる情報を得ることで、仕事に入る前の準備ができます。
 
実力のあるエンジニアでも事前の準備は不可欠ですし、中長期的なスケジュールを考えておくことも大切です。
 
毎日忙しくなる仕事であれば、その仕事以外の予定は極力入れないようにして、比較的ゆったりとしたペースで仕事ができる場合は休みを積極的に取るなど、柔軟に予定を立てることができるようになります。
 
 
さらに、どのような作業を担当したいのか希望を出しておけば、可能な範囲で対応してもらえる可能性も出てきます。
 
基本的には持っているスキルが活かせる仕事を担当することになりますが、主な作業の合間に他の作業をサポートする機会もあるので、その際にやってみたい作業を伝えておけば、新しいスキルを身に付けることに役立ちます。
 
 
独学でスキルアップすることもできますが、効率的に新しい技術を身に付けるためには、仕事を通して勉強をするのが一番です。
 
IT業界は特に変化の速い業界なので、意識して新しいスキルを覚えようとしなければ、フリーランスとして活動することが厳しくなってくるため、注意をしなければいけません。自分の担当以外の作業内容にも興味を持ち、積極的に技術を吸収する姿勢が必要です。
 
 

営業活動をどうするか

 
 
数多くの案件があるものの、それを見つけて受注するまでが大変です。営業活動をせずに知り合いから仕事を受注できていても、長期的に安定して仕事ができるとは限りません。仕事がない時に営業活動をして、新たな取引先を見付ける努力をする必要があります。
 
 
しかし、システム開発を専門にしていた人ほど本格的な営業をした経験がなく、どのように新しい取引先を見つければ良いのか分からない人がほとんどです。新規の取引先が見付からないために、現在の仕事先から次の仕事を受注できるように頑張ることで手一杯の状態となってしまいます。
 
それでも継続して仕事があれば良いですが、突然仕事が来なくなる可能性もありますし、大幅に単価が下がってしまうことも考えられます。このような問題を解決するためには、フリーランスのエンジニアに案件を紹介してくれるエージェントを活用してみましょう。
 
 
実力のあるエージェントは、エンジニアの実績や適性に応じた案件を紹介し、エンジニアの営業面をサポートしてくれます。営業面の不安が解消されれば、後は専門のシステム開発で能力を発揮すれば良いだけなので、フリーランスとしての活動が安定します。
 
フリーランスであるからには、仕事に関することは全て自分の責任で行わなくてはなりませんが、不得意な分野については外部の専門家の手助けを借りることが大切です。無理に不得意な分野をやろうとするとストレスがたまって、得意のシステム開発作業にまで良くない影響が出てしまいます。
 
専門家に任せられる部分は任せて、得意な分野の能力を伸ばすことを考えましょう。