フリーランスが求人サイトから案件を探すときの注意点

 
 

フリーランスが案件を探すときの注意点とは

 
 
フリーランスであれば、求人サイトなどから自分好みの案件を探してその案件に注力することになります。実際にフリーランスが仕事を行うときには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。
 
多くの方は自分が身に付けたスキルを活かして良い案件をこなしたいと考えていますが、基本的にはキャリアアップできる案件を選ぶといいでしょう。
 
 
フリーランスの場合だと、会社に雇われている場合と違うので、どうしても安定した収入を得ることはできません。
 
そのためどうしても目先にある単価の高い案件を選びがちですが、自分の得意分野やスキルを活かすことができない案件を選んでしまうとキャリアアップができないことがあります。
 
発注側がフリーランスとして雇う人材のスキルを正しく把握し、十分にそのスキルを活かすことができなければプロジェクトを適切に運用することができず、結果的に自分のキャリアにキズが付いてしまうことになります。
 
 
聞いていた話と実際に行う仕事内容が異なると、その段階でトラブルになるので、目先の単価だけで仕事を選ぶのは避けましょう。募集する企業がどのようなプロジェクトを進め、どのような人材を雇おうとしているのかが明確になっているかを確認してから案件を選びましょう。
 
企業の気まぐれに振り回されてしまうと無駄に時間を浪費することになり、自分自身が疲弊してしまいます。キャリアを無駄にしないためにも、案件を選ぶときには慎重に選びましょう。
 
また、自分のスキルでは対応できないような案件にはいくら単価が良くても無理に応募しないことも大事です。見栄を張るとキャパシティオーバーの仕事をすることになり、最終的にはトラブルになってしまうというリスクが生じるので注意しましょう。
 
 

フリーランスの求人は新卒でも応募できるのか

 
 
新卒で入社した会社の仕事内容が自分の思ったものと違う場合、早々に退職してフリーランスになっても大丈夫なのでしょうか。基本的には、どのような会社であっても、入社したらしばらくは働いた方がいいでしょう。働いている間に自分のやりたいことを明確にして、勉強を行ってからの方がフリーランスとして成功しやすいです。
 
入社してすぐに退社してしまうと、キャリアにキズが付いてしまうので社会人としてはマイナスになることもあります。いきなり退職するのではなく、まずは会社員としてスキルを身に付け、数年程度経過した後により良い環境やスキルアップを求めるためにフリーランスになるといいでしょう。
 
 
また、いくらフリーランスになりたいからといっても、焦ってなる必要もありません。
 
例えば会社員として働いている間に社員教育や業務改善などの業務を行うことで、フリーランスになったときにクライアントからそのスキルを高く評価されることもあり、新卒の段階でフリーランスになるよりも良い案件に携わることもあります。
 
より良い待遇を求めるためには自分自身にそのスキルが無いといけません。クライアントに対してアピールポイントを多く持つことも、高単価の案件に応募するためには必要です。
 
 
求人サイトから案件を選ぶときには、年齢制限がある場合は別ですが、年齢制限が無い場合であれば焦って申し込むよりも確実なスキルやキャリアを身に着けてから申し込んだ方がずっと成功しやすいので、まずは会社員としての経験を積むのも悪くありません。
 
 

求人サイトからフリーランスの案件を選ぶときのポイント/span>

 
 
フリーランスのメリットは、やはり自分自身のキャリアアップや高待遇を得ることができる点です。
 
したがって、求人サイトから案件を選ぶときには、まずは自分の中で優先順位を決めるといいでしょう。高い報酬を優先するのか、それとも単価は低くてもいいから仕事内容を重視するのかは人によって異なります。ただなんとなく選んだとしても満足のいく仕事ができないこともあるので注意しましょう。
 
また、勤務地については必ず把握しておきましょう。自宅から通うことができるかどうかや、最寄り駅はどこにあるのかを知っておけば交通費がいくらかかり、さらに通勤時間がどの程度になるのかもわかります。
 
 
また、できるだけ現場の経験を積んだスタッフが運営しているような求人サイトがいいでしょう。現場の経験があればそれだけフリーランスの悩みや企業との交渉などの理解が深いことが多く、非常に頼りになります。
 
良い案件に携わるためには、まずは求人サイト選びから始めるといいでしょう。求人サイトを探すときには、ネットから簡単に探すことが可能なので案件を比較して良さそうなサイトを利用しましょう。
 
 
他にも確定申告のことや職場での悩みなど、いろいろな相談ができることも大事です。特に初めて働く企業の場合、どうしても周りとのコミュニケーションや仕事内容などわからないことが多いので、相談できる相手がいれば仕事に対するモチベーションも高くなります。
 
一人で悩むのではなく、困ったときには求人サイトのスタッフに相談してください。