フリーランスが営業活動するときのポイントとは

 
 

苦手意識を持っている人は多い

 
 
サラリーマンとして仕事をしていれば、会社から仕事が回され、それをこなしていくようになります。しかしフリーランスになると、ただ待っているだけでは仕事は舞い込んできません。
 
 
そこで、自分から営業をかけることで仕事をとってくる必要があります。しかしフリーランスとして活動している人の中には、この営業に苦手意識を持つ人も少なくありません。売り込みをどのようにして行えばいいのかわからない、いろいろと売り込みをかけているけれど発注にまでつなげることができない、という方も多いでしょう。
 
 
また、本業が忙しいので営業にまで手が回らないという方も多いです。フリーランスの場合、基本的に自分ひとりで何から何までこなさなければなりません。その結果、どうしても売り込みが後回しになってしまうという人もいます。
 
特にこれからフリーランスになろうと思っている人で、今まで営業の経験のない方であれば、非常に高いハードルに感じてしまうかもしれません。
 
しかしきちんとコツを理解しておけば、誰でもこなせるようになるはずです。一定のルールがあって、そこから逸脱しなければ先ほど紹介したような、一生懸命やっているけれども受注にまで至らないといったジレンマを抱えることはないでしょう。
 
 
ビジネスチャンスを増やしていくには、今仕事を抱えていてもしっかり売り込みをかけることを忘れないようにするべきです。
 
今お世話になっているところといつ取引が打ち切りになるかわからないので、その時のために新規顧客の開拓にも力を入れる必要があります。
 
 

自己分析をしっかり行うことが重要

 
 
営業がうまくいかないと悩むフリーランスの方は少なくありません。
 
しかしなぜうまくいかないのか、それには理由があります。それは理論を無視したやみくもなことをやっている場合があります。どんなにある特定のジャンルに高い専門性を持っている人でも、最初のうちは営業に関しては初心者です。
 
そこで、基本を押さえることが大事です。そのためには、自己分析をする必要があります。
 
 
まずは、自分のスキルが相手の求めるレベルに達しているかどうか確認することです。
 
例えば、プログラマーでフリーにて活動している人は多いです。この場合、仕事をとってくるにあたって、プログラミング言語がどうか、HTMLやRubyなど案件によって求められるスキルが違ってきます。
 
ライターであれば、自分がどのようなジャンルに専門知識を持っているか、多くの執筆経験があるか人それぞれです。このような条件に合致する案件かどうかを見極めることです。
 
これを理解していれば、コンペの中で作品が選ばれたなど、相手が興味を引くようなアピール内容を提示できます。
 
 
また案件を遂行するにあたって、どれくらいの期間が必要かについても相手に伝えることが重要です。クライアントからしてみると、いつまでに納品されるのかは重要なポイントになります。
 
特に急募や短期で仕上げてほしいという案件に関しては切実です。この時、自分は普通よりも早く仕上げることができるという部分を意識してアピールすると、発注につながる可能性があります。
 
 

関わるチャンスをできるだけ増やしてみよう

 
 
フリーランスの中には、営業のやり方はネットなどで知っているけれど、誰に対して行えばいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
 
特に最近フリーとして活動を始めた人の場合、どこからとっかかりを掴めばいいかわからないでしょう。その場合、ビジネスチャンスの転がっていそうなところに関わってみるのがおすすめです。
 
 
例えば、セミナーやコミュニティーがどの業種でも年に何度か行われているはずですので、こちらに参加してみましょう。
 
そうすれば、取引先になりそうな事業者との交流も広がっていきます。その日のうちに受注はできなかったとしても、後日、前に会った者ですというようにアピールすれば仕事につながっていく可能性は大いにあります。
 
 
その他には、クラウドソーシングを利用する方法もあります。クラウドソーシングの場合、最初のうちは比較的簡単な案件しか受注できないかもしれません。
 
しかし、簡単な案件を着実にこなしていけば、実績も上がって難易度の高い案件が徐々に舞い込んでくるかもしれません。
 
そうなると報酬額もアップして、売上向上につながっていきます。どこにアプローチをかければいいかわからないというのであれば、こちらの活用も検討しましょう。
 
 
また、エージェントを活用する方法もあります。クラウドソーシングの場合、短期や単発の仕事であればいくつか頂けるかもしれません。
 
しかしそれが継続していくかというと、必ずしもそのようにはならない可能性があります。エージェントを利用すれば、中長期的に仕事を紹介してもらえる可能性があります。
 
そうすれば収入も安定していき、フリーランスとしても軌道に乗っていけるでしょう。
 
 
このようにいくつかアプローチの方法はありますから、自分のできるところから取り掛かってみることが大事です。